HOME > [日記] パズドラ日記 > title - ルシャナ降臨を転生クシナダPTで攻略!

ルシャナ降臨を転生クシナダPTで攻略!


こんばんは。

ひっっっっっっっっさびさに新降臨が来た気がします、いつぶり?
私が覚えてないだけもしれませんが!

ちなみにクリアした時はこんな感じでした。



ルシャナちゃんはここ最近の降臨の中ではかなり有用そうなのと、なにより可愛いので出来ればスキルマにしたいところです。ところですが!が!スキル上げ幅が30というなんともこのメンドクサイ感が(´・ω・`)w

今回はルシャナ降臨攻略に転生クシナダPTで挑戦したので、その様子一部をご紹介します。参考になれば幸いです。




ルシャナ降臨”壊滅級”

このダンジョン攻略における注意点
・先制ダメージ対策
壊滅級ということもあり先制ダメージが結構大きいため、HPに補正が掛かるPTやLSで軽減効果があるモンスターの方が安定します。
・根性対策
沙悟浄や護神龍など道中に出現するモンスターの何体かやボスは根性アビリティがあるため、落ちコンなしLSでの火力調整であったり追加攻撃覚醒がないと苦戦する可能性があります。
・ダメージ吸収対策
一部の戦武龍と7Fに出現するパールがダメージ吸収を発動します。
特に7Fのパールは先制で発動する上に天上も30万ダメージとかなり低めなため、火力調整もしくはスキルでの対策がないと苦戦を強いられます。
・属性吸収対策
道中に出現する戦武龍が火/水/木/光いずれかの属性吸収を先制で使用しますが、闇のみ戦武龍が出現せず吸収されないため、フレンドモンスターの副属性を闇にしておくことである程度対策できます。(今回私はフレンドをディアブロスにしています)
そのため、副属性が闇のモンスターを出来る限りPTの右側に編成しておくと、攻撃順の関係で属性吸収は対策可能です。



今回使用したPT
転生クシナダ×ディアブロスPTで行きました。
クシナダ同士ではなくディアブロスである理由として、属性吸収の関係上フレンドは副属性が闇の方が便利な点がまず1つ。

そしてもう一つは、1Fでスキル遅延される可能性があり2Fで先制ダメージ+毒変換をされる上に、3Fでも先制ダメージを警戒しなければならない都合上、2Fでは先制攻撃後の盤面で回復の確保が必要になります。私のクシナダPTの場合陣系スキルはスキルブースト数的に難しいため、盤面を広げて回復ドロップを確保するために76盤面に出来るリーダーを選びました。
IMG_4211.png

・各キャラクターの継承スキル一覧
クシナダ:インドラ
→主にボス戦で使用
ボスと戦う上で攻撃し辛い状況(例えば1秒間隔のドロップ入れ替え状態等)で8コンボせずとも、安定してダメージを軽減させるためにあると便利です。

ヴェルダンディ:パンネロ(後でセレスに変えました)
→ボス戦での悪魔バインド対策として

ユウナ:覚醒インドラ
→主にボス戦で使用
クシナダに継承したインドラだけでは倒すまでに至れなかった場合の保険用軽減です、ベースで2ターン継続の半減と優秀なので、道中危険になってしまった場合でも使います。

ハク:アザトース
→8Fのシヴァ戦にて
7Fのパールに盤面を荒らされて攻撃色や回復ドロップが枯渇した時、シヴァに対して半端な攻撃をしてしまうと割合+連続攻撃で大ダメージを受けてしまうため、それを回避するための保険です。
また3色陣ではなく6色陣にすることによって、ボス戦時に攻撃色ドロップの偏りによってダメージ無効の天上についてしまいそうなときでも、盤面リフレッシュ的な役割として使用できます。

貂蝉:風神
→7Fパール戦にて使用
パール戦以外のことで補足しておくと、継承元である貂蝉のスキルは、9Fで水の護神龍の操作時間短縮を受けてしまった場合の対策として、またボス戦での覚醒無効状態でスキルの操作時間延長を発動することにより、安定して8コンボ以上組めるようになります。



攻略・立ち回り等

1F 小鬼×3
基本的に3体同時の攻撃は受け切れないため、1撃突破ないし2体倒し1体残し。
次フロアの先制で19,521ダメージを受けるため、1撃突破しない場合はHP管理に注意。また両端左右2列を火または毒ドロップに変換されてしまうため、可能であれば回復ドロップを中央に残すと次フロアの回復管理が楽になる。



2F ノブナガ
HP50%以下の状態で火・水・木吸収を使用するため、可能な限り敵HP50%以上の状態から0にする。
次フロアの先制で15,592ダメージを受けるため、残HPを受け切れる状態にまでしてから突破。



3F 沙悟浄
根性ラインが75%以上なため、1手目は5~6コンボ(消す属性ドロップによっては6だと多い)で攻撃し根性を外し、2手目で突破する。



4F シバワンドラ・トサバウドラ
特筆なし。
(一応)いずれの敵もHP10%以下で即死級攻撃を使用するため、その点にだけ注意。



5F アグニ
HP50%以上の場合5行動目にダメージ吸収を使用するので、5行動内に50%以下に減らし敵の行動パターンを変化させる。
その後は3カウント後に約22万ダメージを受けてしまうため、それまでに突破をする。
次フロアではランダムで先制ダメージを受ける可能性があり、最大は34,234ダメージ



6F 戦武龍
火・水・木・光のいずれかを先制で5ターン吸収するため、耐久するか無理やり突破するかをPT編成や盤面のドロップ・スキルと相談で決める。

敵が火・水・木の場合HP10%以下にならない限り基本的には3万付近の攻撃なため耐久も可能、ただし光のみ50%以下で5万近くまで上昇する。また、火・水・木の場合50%以下になった時点で特殊行動が挟まれる(回復半減であったりダメージ吸収など)ため、耐久する場合は下回らない様にしたほうが突破が楽に。



7F パールヴァティ
同編成の場合6~7コンボまでは吸収されないため、その付近のコンボを繰り返して削るか、風神等のダメージ吸収無効を使用して対策する。

心癒の山風→トリシューラorタイガーラッシュの繰り返し(のはず)なため、心癒の山風で回復を生成される→下一列の生成された回復ドロップをトリシューラで消されない位置に移動させつつ上に生成された回復ドロップで回復(下の画像参照)→トリシューラではなくタイガーラッシュが来た場合は攻撃、を繰り返す。

HP30%以下になるとヒマラヤの怒り(上段1列お邪魔変化+27,812ダメージ)のみに行動変化するため、その状態になったら回復ドロップの管理だけ気をつけつつ攻撃。
IMG_4212.png



8F シヴァ
敵HP30%以下時の攻撃は基本的に耐え切れないため、その範囲に入らないように攻撃して突破する。
また盤面に毒ドロップがある場合にのみ行動する攻撃(64,154ダメージ)があるため、生成された時は受け切れる場合を除いて必ず消す様に立ちまわる。
次フロアでは最大36,431ダメージの先制攻撃があるため、突破する際は回復を忘れずに。



9F 護神龍
火の場合暗闇攻撃を伴った攻撃が来るパターンであったり、水の場合ドロップ移動不可列を生成されてしまうため、いずれの敵の場合も基本的には一撃突破が○。ただし木の場合のみ先制で2ターンの覚醒スキル無効を使用してくるため、2ターン耐久した後突破する。

この場合初回行動時敵HP80%以上でバインド攻撃を使用してくるため、可能であれば削って80%以下にするか、バインド回復用の回復ドロップをためて覚醒回復後にバインド解除する。

光と闇の場合根性があるため、根性ラインを突破してから削る。光の場合は71%以上、闇は76%以上がライン。



10F ルシャナ
1ターンの覚醒無効+悪魔タイプ10ターンのバインド攻撃をし、悪魔タイプは強制バインドなため、バインド全回復の完治の光(アマテラスなど)や、覚醒回復+回復生成スキル(パンネロ等)でバインド列回復等のバインド対策は必要。

攻撃パターンはA{35,246+7コンボ以下吸収、37,595+回復を光変換、HP10%回復、35,246+1秒間隔の盤面ドロップ変化、2ターン被ダメージ75%カット}のいずれかを3行動の後、B{全ドロップロック、スキル遅延、落ちてくるドロップに猛毒を追加1ターン}のいずれかを1行動の後またAを…と言った具合にA×3→Bの繰り返しで、HP10%以下の場合のみバフスキル解除+現HP500%ダメージに変化する。

1500万以上のダメージは先制で無効化されるため、HP10%手前まで耐久しつつ攻撃し、最後行動変化させずに倒す。攻撃しつつ耐久が必要になるため回復ドロップの運用が重要に、ただし敵行動には回復変換も含まれるため、インドラ等の軽減系スキルが活躍する。A行動内の場合は常にHP38,000以上が安全圏。

無効貫通で一撃で倒す場合は合わせて根性対策も必要になる。



以上!



久々に降臨産にしては強いキャラが来たなぁと思ったら30上げっていうのが気に食わないですが、何とか頑張ってスキルマを目指したいと思います(ΦωΦ)デキルトハイッテイナイ

関連記事

スポンサードリンク
[ 2017/09/14 23:27 ] [日記] パズドラ日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosopazu.blog.fc2.com/tb.php/527-e173cc26














PAGE TOP